翌朝を美肌で迎える!夜行バスに乗る日のスキンケアのポイントとは?

夜行バスで移動するとき、メイクやスキンケアをどうしたらよいか悩んでいる人も多いのでは? いざ乗ることを考えてみると「メイクをしたまま眠るのは肌に良くないし…」「バスの中は乾燥していそう…」と、気になることもたくさん出てきますよね。今回は夜行バスでのスキンケアのポイントを紹介します。ぜひ実践して、翌日も美肌で過ごしてくださいね。

1、落とししやすいメイクで乗車を

"メイクを落とさずに寝ると肌が老ける"という言葉を聞いたことはありませんか? いきなり老けることはないかもしれませんが、皮脂や汚れが残ったまま眠ることは、肌にとってよくありません。美肌をキープするためには、ちゃんとメイクを落とすことが大切です。

ベストなのはバスに乗る前にきちんとメイク落としをすることですが、状況によっては難しい場合もありますよね。そんな場合は、簡単に落とせるメイクで乗車するのがオススメです。とくに、アイメイクはクレンジングに手間がかかる部分なので、控えめにしておくとベター。できれば、アイシャドーは肌への負担が軽い100%ミネラルのタイプに。マスカラを使う場合は、お湯や水で簡単に落とせるものにしておきましょう。休憩で立ち寄るサービスエリアの化粧室で落としたり、メイク落とし用シートで拭き取ったりと、手軽にメイクオフできます。

2、いつもより保湿力高めのケアを

メイクを落としたら、化粧水・美容液・乳液でしっかりスキンケアを。車内は乾燥しているので、保湿力の高いアイテムを選ぶと良いでしょう。車内でスキンケアをする場合は、あらかじめコットンに化粧水を染み込ませたものを持参すると便利です。肝心なのは、乳液もしっかり使うこと。乳液でふたをすることで、水分をキープすることができるので、化粧水だけで終わらせないようにしましょう。

唇や指先も乾燥の影響を受けやすいので、リップクリームやハンドクリームもぜひ持参を。香りが強いものは周りの人の迷惑になるので、無香タイプを選ぶようにしましょう。

就寝時はマスク、アイマスクをすると肌の乾燥を防ぐことができます。ぜひ取り入れてくださいね。

3、乾燥が気になる場合はスペシャルケアを加えて

「通常のスキンケアだけでは乾燥を防げない」という場合は、スプレータイプの化粧水を使用するのもおすすめ。乾燥が気になった時に手軽に使えて便利です(車内での使用時は周りに配慮を)。炭酸ミストタイプなら、血行を良くしてくれる効果も期待できます。ほかには、シートマスクも保湿に◎。個室のように仕切ることができるバスなら心置きなく使えます。見た目を気にせずケアをしたい場合は、ナイトマスククリームを使っても。クリームタイプなので人目を気にせず、一晩肌のうるおいをキープできるのが魅力です。

4、翌朝は水分補給とマッサージを

朝起きたときの体は水分不足になっています。水分不足の状態では血流も滞っているので、起きたら水を飲みましょう。血流が良くなると顔色も良くなりますよ。むくみやくすみが気になる時は、スキンケア前に顔や頭をマッサージしてみましょう。

Copyright BLUESTORK Corporation All right reserved.

PAGE TOP