夜行バスブルーライナーで輪行しよう

夜行バスに自転車を積み込み、いつもとは違う遠い街でサイクリングしてみませんか?
夜行バスブルーライナーは自転車の積み込み「輪行」を応援します!

対象路線

■ブルーライナー 関東⇔関西便

■ブルーライナー 関西⇔金沢便

■アミー号 関東⇔名古屋便

■アミー号 関東⇔新潟便

※ナイトライナー(関東⇔関西、関東⇔仙台)は輪行を受け付けておりません

※アミー号は8/10(木)~8/15(火)出発の期間、輪行を受け付けておりません。

規程

お申込方法・積込料金

バスのトランクはそれほど大きいものではないので、バス1台につき先着2台限定とさせていただいております。

ご乗車予定日が自転車積込の可能なお日にちなのかをお調べする必要がございますので、ご予約はバス座席を含めお電話での事前予約となります。

ご予約の際は、下記のブルーライナー予約センターまでご連絡をお願いいたします。

ブルーライナー予約センター TEL:06-6371-1131

営業時間
10:00~19:00【平日】
10:00~18:00【土曜日】
12:00~14:00/15:00~18:00【日・祝】

※ 先に輪行の予約をしたい旨をお伝えくださるとスムーズにご予約いただけます。

■積込料金
自転車1台につき1,500円

注意事項

■積み込みに関して
自転車は横に寝かした状態での積み込みとなります。縦積みはできません。
トランクのスペースの状況によっては他のお客様のお荷物と重なったり、自転車同士を重ねて積む場合がございます。
バスの乗車・下車時のお荷物の積み下ろしは、お客様ご自身にてお願い致します。
■免責について
輪行はお預かりした自転車を破損させずに運ぶことを補償しておりません
破損等した場合については免責とさせていただきますので、免責であることを十分にご理解いただいた上でご予約ください。
また、お預かりした自転車により他のお客様のお荷物に破損等が生じた場合に関しても、当社は一切の責任を負いませんので、当事者同士にて話し合いが必要となります。
■下記に該当する場合は、輪行できません。
輪行袋に入れていない
輪行袋からはみ出している
輪行袋の汚れがひどい
事前予約されていない
規程サイズを明らかに越えている
自転車のみのお預かり
■自転車をお預かりできない場合について
「自転車を自宅等へお送りいただく」か「バスの予約をお取消いただく(乗車されない)」かのどちらかをご判断ください。
■バスの予約をお取消いただいた場合のお手続き
当日キャンセルとなりますので、お支払いただいているバス代金と輪行代金の総額から50%のお取消料が発生いたします。
コンビニ決済されている場合、ご返金先の銀行口座を確認させていただきたいので、ブルーライナー予約センターまでご連絡願います。
クレジットカード決済されている場合は、弊社にて計上金額の変更を行いますので、ご連絡は不要です。

キャンセルについて

■ブルーライナーの取消・変更手数料について
出発の8日前までは無料。
7~2日前 30%、前日 40%、当日 50%の取消・変更手数料が発生いたします。
詳しくは、変更・キャンセルについてをご覧ください。
■バス座席と自転車積込の両方をキャンセルされる場合について
「バス代金」と「自転車積込代金」の総額から所定の取消・変更手数料がかかりますので、ご了承ください。
■自転車積込のみをキャンセルされる場合について
自転車の積込のみをキャンセルされる場合につきましても、所定の取消・変更手数料がかかりますので、あらかじめご了承願います。
■コンビニ決済のご返金について
コンビニ決済されている場合、事務手数料500円を差し引いた金額がご返金となります。

パーフェクト輪行マニュアル

輪行する際に必ず必要なのが、輪行袋に収納する作業です。収納作業は練習しないとできないとはいえ、それ自体は難しいものではありませんので、コツを掴んで快適に輪行ライフを楽しみましょう。
イラストによる輪行マニュアルはコチラpdfアイコン


大阪にある、自転車屋「ワールドサイクル」さんのホームページの、輪行に関するブログ記事がすばらしいので紹介します。

輪行の歴史

もともとは競輪選手が競技場まで移動するための方法。日本サイクリング協会(JCA)が鉄道会社と交渉したことにより、JCA会員証を提示し、手回り品切符(1日200~270円)を購入すれば、輪行袋に収納した自転車を列車内に持ち込めるようにしたことが輪行の始まりとされています。
その後JCAや自転車愛好家達による鉄道会社との交渉により、1984年10月1日からJCA会員以外でも、手回り品切符を購入すれば、輪行することができるようになりました。さらに1998年秋にJR東日本が、1999年1月1日からは全国のJRが輪行を無料化しました。
実は、輪行袋を使っての輪行は、日本独特の文化なのです。

メディア掲載

「SHIMANO CLUB」9月号で取り上げられました!

自転車部品や釣具メーカーで有名なシマノが自転車販売店向けに隔月で発行する「SHIMANO CLUB」9月号に弊社の輪行サービスが取り上げられました!

輪行グッズの紹介

PAGE TOP